14.0kmラン。ウールセーターのようなミッドレイヤー #練習日誌 2020/12/15

ランニング日誌

今日のランは4:38/kmペースで14.0km。コースは自宅〜さいたま新都心。シューズはOnの「クラウドストラトス」を履いて走った。2層の「CloudTec」ソールが生み出すクッショニングは安定性が高く、夜ランでも安心して身を任せられる。

最後に走ったのは先週の木曜日だ。金曜日は体調が優れずランオフ。週末も身体が石のように重く、まったく何もやる気が起こらず。なので土日は走りに出かけず、家でダラダラして過ごすことにした。そして月曜日はいつも通のランオフ。

今日は5日ぶりにランニングシューズを履いて走りに出かけた。10kmまでは気持ちよく走れたが、10kmを超えてからは息が苦しい。ランオフを3日以上続けると、気持ち的にはリフレッシュできるが、身体的には鈍ってしまう。

今日の一枚

写真は、パタゴニアのミッドレイヤー「R1エア・ジップネック(R1 Air Zip Neck)」の袖の部分。先日購入したばかりで、ランニングで使うのは今日が初めて。

一見するとウールのセーターのように見えるが、リサイクル・ポリエステル100%素材で出来たジグザグ織りの生地が使われている。モコモコしている部分は肌触りが良くて暖かい。一方でジグザグの谷間の部分は通気性の良いメッシュなので吸湿発散性と速乾性に優れている。

パタゴニアはこういう画期的な素材や商品を開発するのが得意だ。値段は高いが、機能性が抜群に高くて、ランニングウェアとしても優秀だと思う。そして耐久性も高い。何年も使い続けられるので結果的にコストパフォーマンスは悪くない。

パタゴニア R1エア・ジップネック