10.4kmジョグ。ふくらはぎの違和感と対策 2021/1/17

ランニング日誌

今日のランは、5’05/kmペースで10.4kmのジョギング。シューズはホカオネオネの「クリフトンエッジ」を履いて走った。発売当初はピンク系一択だったが、最近グリーン系のカラバリが加わり、物欲が刺激されまくっている(配色がめちゃくちゃカッコいい)。コースは、北浦和〜さいたま新都心。

今日はふくらはぎが張っていた。昨日のロングランの疲れが抜けていないのだろう。接地の際に、少しだけ違和感を感じた。前半は筋肉をほぐすことを意識しながら走る。すると後半は違和感が薄れてきた。

走り終えた後は、いつもよりも長め入浴して、低周波治療器でしっかりとケア。さらに「バンストーン 5本指エクサ」を履いて夜まで過ごした。これで、ふくらはぎがお餅のように柔らかくなった。

ランニング中は、自分の身体と対話する絶好のチャンスでもある。ちょっとした異変や違和感を察知したら、すぐに対策を講じるよう心掛けている。それがケガや故障を防ぐ、最も効果的な方法だと思う。

いや、もっと良い方法があった。しっかりと睡眠をとることだ。そういえば昨晩は夜更かししてしまい、いつもより睡眠時間が短かった。それが違和感の一番の原因かもしれない。

今日の一枚

写真は、さいたまスーパーアリーナの目の前の道路。実は、ここ「さいたま国際マラソン」のスタート地点でもあった。ちょうどあのペデストリアンデッキの下でスタートを待っていた。12月初旬で寒かったな…と当時の記憶が蘇る。

ホカオネオネのランニングシューズは、リカバリーシューズとしても使える。僕は疲労抜きジョグに「クリフトンエッジ」か「クリフトン 7」を履くことが多い。

ホカオネオネ クリフトンエッジ