32.4km旅ラン。日光街道、世界一の杉並木を駆け抜ける【2021.6.27日誌】

今日のランは、32.4kmの長距離走。

江戸五街道のひとつ「日光街道」の宇都宮〜鉢石区間を走ってきた。朝7時半に出発し、12時半には最終目的地の日光東照宮入口にたどり着く。旅のハイライトは世界一長い杉並木「日光杉並木街道」。

天気予報では雨だったので、ずぶ濡れになる覚悟はしていたが、走り始めても雨が降る気配はない。しばらくすると日差しが強くなり、夏バテが心配になってきた。

宇都宮を出発してから4kmあたりで日光街道の名物、杉並木が姿を現した。杉並木の下は木のトンネルになっているので涼しくて助かる。

日光東照宮に近づくにつれて杉並木の杉がどんどん大きくなり、走っているだけで圧倒される。宇都宮を出てから20km以上走っているのに、なぜか疲れを感じない。無我夢中で杉並木を駆け抜けた。

杉並木を抜けると、そこは見慣れた東武日光駅前。東照宮に向かって走り続けると、終点の神川にたどり着いた。日曜日のランチタイムだというのに人出は少ない。コロナの影響で観光客はあまり見かけなかった。

走り終えた後は、神川のすぐ近くにある旅館「星の宿」へ。日帰り入浴とランチがセットになったプランで、長旅の疲れを癒した。

そして、最後の力を振り絞って日光東照宮でお参りしてきた。最近修復を終えたばかりの木造建築は以前よりもきれいになっていた。最初はお猿を拝んでくるつもりが、せっかくなので眠り猫も。だったら家康が埋葬されている神廟も、というわけで一番上まで登ってきた。

今日の一枚

写真は、日光だいや川公園付近の「日光杉並木街道」の様子。この旅一番のお気に入りスポットだ。

サロモン AGILE 2 SET

今回の旅ランでは、サロモンの2Lバックパック「AGILE 2」とハーフパンツの「XA 7インチ SHORT」に持ち物を分散させることで身軽に走ることができた。

あわせて読みたい