10.6kmジョグ:10km走が短く感じる理由 2021/9/16

昨日は21km走ったので、今日の10km走はとても楽に感じた。シューズはブルックスの「GHOST 14」。下ろし立てのデビューランだったが、デート初日からベタ惚れしてしまった。詳しくはレビュー記事を参照してほしい。

BROOKS GHOST 14

メンズ 25.0~30.0cm、レディース 22.0~26.0㎝、幅広のワイドもあり

この記事の著者:とも(tomo)

マラソンブロガー。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

北浦和〜さいたま新都心

練習メニューは5:30/km前後のペースで10kmのリカバリージョグ。偶然だが「GHOST 14」の最適ペースとドンピシャだった。5:30〜6:30/kmのペースレンジがちょうど良い。

北浦和〜さいたま新都心の定番10kmコースを走り、いつもどおり「さいたまスーパーアリーナ」をぐるりと1周してきた。

9月に入ってから走行距離が一気に増えた。今日の時点で195kmを超え、すでに8月全体の走行距離よりも多い。週末の長距離走(20〜30km)と平日の20km走をきっちりこなしているのが大きい。

長距離に走り慣れてくると、中距離が楽に感じるようになる。普段なら10km走は「長っ」と感じるが、21km走の翌日に10kmを走ると「半分でいいのか、やったー」という気持ちになる。

まあ、くれぐれも故障しないように気をつけないとね。

今日の一枚

写真は、さいたま新都心駅西口の「けやき広場」。いつもこの場所を走ると自分がスーパースターになった気分が味わえる。

宜しければ「GHOST 14」のレビュー記事も読んでください。

BROOKS GHOST 14

メンズ 25.0~30.0cm、レディース 22.0~26.0㎝、幅広のワイドもあり