読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run

15.6kmジョグ:ビーナスラインで峠越え 2021.9.19

▶︎ #ランニング日誌

ビーナスロードは、長野県の高原を駆け抜ける全長76kmのドライビングロード。今日は白樺湖から蓼科湖までの14kmの区間を走ってきた。シューズはニューバランスの「FuelCell RC ELITE」。クッションとグリップの性能が極めて高く、過酷な峠走でも安定した走りをサポートしてくれる。

NEW BALANCE FuelCell RC ELITE

メンズ 25.0~29.0cm、レディース 22.0~25.5cm

白樺湖〜蓼科湖

三連休は蓼科湖周辺に滞在している。ここを起点に蓼科湖〜白樺湖の区間を走るには、以下の3つのルートが考えられる。

  1. 蓼科湖〜白樺湖の往復ラン(28km)
  2. バスで白樺湖へ移動し、白樺湖→蓼科湖の片道ラン(14km)
  3. 蓼科湖→白樺湖の片道ラン(14km)、その後バスで蓼科湖へ戻る

さすがに28kmは厳しいので往復ランはパス。となると片道ランになるが、走った後の汗びしょ濡れ状態でバスに乗るのは抵抗があるので、バスで白樺湖に向かうことにした。

バスの待ち時間に、周回1.3kmの蓼科湖を走って1周してきた。ウォームアップジョグにちょうど良い。

それから蓼科高原ラウンドバスで白樺湖を目指した。途中でスズラン峠と呼ばれる最高地点を通過し、白樺湖に向かって長い坂を下っていく。「この後この坂を上るのか。。」と思うと、ちょっぴりブルーになった。

白樺湖の標高は1400m。標高1760mのスズラン峠までは高度360mの上り坂が続く。実際には、6:30/kmペースであればなんとか走り続けられた。

スズラン峠を越えたら、あとは標高1250mの蓼科湖に向かって坂道を下るだけ。途中、女の神展望台でひと休みした。

今日の一枚

写真は蓼科湖で食べた「濃厚バニラソフトクリーム」。絶品。

この記事で紹介したモノ

NEW BALANCE FuelCell RC ELITE

メンズ 25.0~29.0cm、レディース 22.0~25.5cm

関連記事

FuelCell RC ELITEレビュー:サイズ26.0cm、重さ191g

18.1kmラン:マラソン大会の中止が相次ぐ 2022.1.17

12.3kmラン:春の足音 2022.1.16

ミズノ ダブルニットキャップ ブレスサーモ:発熱するニット帽

10.0kmラン:52 Go to by Mizuno 2022.1.14

7.3kmジョグ:パタゴニア愛 2022.1.13

3.6kmジョグ:マラソン大会中止の予感 2022.1.12

#ランニング日誌

ピックアップ

Garmin防塵プラグ:充電ポートの水濡れ・サビを防ぐキャップ

ニューハイツ スポーツボクサーショーツ レビュー:日常・ランニング兼用

アミノバイタル ゼリー:青・赤・金の違いと飲む順番を解説

BLACKUBEキャップライト レビュー:頭上から照らすランニングライト

メリノウール FIT グローブ レビュー:ランニング手袋の決定版

【2022年最新】男性ランナーが喜ぶプレゼントの選び方

最新記事

体成分分析「Inbody」を体験して分かったこと

18.1kmラン:マラソン大会の中止が相次ぐ 2022.1.17

R1デイリー・ジャケット:腕振りしやすい裏起毛フリース

12.3kmラン:春の足音 2022.1.16

ミズノ ダブルニットキャップ ブレスサーモ:発熱するニット帽

10.0kmラン:52 Go to by Mizuno 2022.1.14

#ランニングシューズ #ランニングウェア #ランニングギア #補給食 #旅ラン #遠征 #解説 #日誌 #ともの部屋

最新動画