1000mインターバル走8本:プラス(+)が気になる 2021.9.29

昨日はランオフして、いい感じにリフレッシュできた。今日は1000mインターバル走を8本。ちょうどサッカニーの新作ランニングシューズ「ENDORPHIN PRO+」の発売日だったので、前モデルの「ENDORPHIN PRO」を履いて走った。

SAUCONY ENDORPHIN PRO

メンズ 25cm~29cm/30cm、レディース 22.5cm~25.5cm

この記事の著者:とも(tomo)

マラソンブロガー。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

さいたま新都心

コースは、いつもの「SHINTO CITY」。さいたま新都心駅東口の新開発エリアだ。夜間にハイスピードで走る時は、いつもここを練習場として使う。

2kmのウォームアップジョグを経て、1本目の1000mを3:50/kmペースで走り切った。少しながら脚が重く感じる。

2分半のリカバリージョグを挟み、2本目も同じペースで走った。3本目から苦しくなり、4本目でペースダウンしようとしたら、逆に調子が出てきて3:50/kmペースが遅く感じるようになった。

まあでも無理は禁物なので、設定ペースを守りながら8本目を余裕で走り終えた。最後に2kmのダウンジョグを経て、本日の練習はこれにて終了。

今日の練習で履いた「ENDORPHIN PRO(エンドルフィン プロ)」は、独自開発の軽量クッションにカーボンプレートを挟み込んだ、サッカニーのハイスピードモデル。

スピードが出しやすく、ロードランでも足への負荷が少ないので、インターバル走やペース走での出番が多い。

その後継モデルの「ENDORPHIN PRO+」が本日発売された。気にはなるけど、ランニングシューズに使える予算は無限ではないので、無条件反射的にポチるわけにはいかない。

2021年は残り3ヶ月だが、これから発売されるシューズのラインアップを見ながら慎重に検討したい。

今日の一枚

写真は、今日の練習場のど真ん中にある「さいたま新都心バスターミナル」の建物。去年完成してたけれど、コロナの影響で未だに稼働しているのを見たことがない。

それにしても「iPhone 13 Pro」は夜景がめちゃくちゃ綺麗に撮れるな。。

SAUCONY ENDORPHIN PRO

メンズ 25cm~29cm/30cm、レディース 22.5cm~25.5cm