5.0kmペース走2本:コロナ前の走力を取り戻した感 2021.10.18

奥州街道80km旅ランを完走してからちょうど1週間。久々に5kmペース走を2本走ったら絶好調だった。超長距離は持久走だけでなく、スピード持久走にも効いているようだ。

HOKA ONE ONE CARBON X 2

今日のペース走で履いたシューズはホカオネオネの「カーボン X 2」。初代「CARBON X」を全面リニューアルし、カーボンファイバープレートが生み出す驚異的な推進力をさらに進化させている。

楽天スーパーセール開催中!ポイント最大43倍。12/11まで

書いた人:マラソンブロガー「とも」。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

さいたま新都心

というわけで、今日の練習メニューは5kmペース走を2本。練習場は、さいたま新都心駅西側の2km周回コース。ここなら夜間でもスピードを出しても安全で、ほぼノンストップで走り続けられる。

まずは2kmのウォームアップジョグから始まり、休憩を挟まずに1本目のペース走に突入。4:05/km出入り、徐々に3:55/kmまでペースアップした。心拍数は160bpm台をキープし、余裕を持って走り切ることができた。

5分間のリカバリージョグを挟んで2本目は入りから3:55/kmペースで。3kmあたりでちょっと呼吸が苦しくなるが、ラスト2kmはジョギングのような感覚で走れた。

ようやくコロナ前の走力まで戻ってきた気がする。あとはここから11月末のレース本番に向けて、どこまで自分を追い込めるか。

2kmのクールダウンジョグを終え、ガーミンのアクティビティを保存しようとすると、いつもとは違うユーザインターフェースが出てきた。

いつの間にかソフトウェアが更新されて「自己評価」機能が追加されたらしい。アクティビティを保存する前に、今回のランニングのフィーリングについて、該当するニコちゃんマークを選ぶ。

その後、体感的な負荷レベルを1〜10の数字を選ぶ。そして自己評価はガーミンコネクトのアクティビティデータにも反映される。

ガーミンはありとあらゆる定量データをすでに計測しているので、残りはこのような定性データを取りに来ているわけか。

わざわざアプリを開いて入力するのは手間だが、ランニングウォッチの数秒の操作で済むならストレスなく続けられそう。今後ますますガーミンにデータをむしり取られそうだ。

今日の一枚

写真は、今日のおやつに食べたおはぎ。普段は餡子の方を僕が食べて、きな粉の方を娘たちに分けてあげるのだが、今日は二つとも食べてしまった。。これで400kcalくらいなので、プラス10kmくらい走れる。

関連情報

書いた人:マラソンブロガー「とも」。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

HOKA ONE ONE CARBON X 2

今日のペース走で履いたシューズはホカオネオネの「カーボン X 2」。初代「CARBON X」を全面リニューアルし、カーボンファイバープレートが生み出す驚異的な推進力をさらに進化させている。

楽天スーパーセール開催中!ポイント最大43倍。12/11まで