読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run

5.3kmジョグ:筋肉痛ほぐしラン 2021.11.29

▶︎ #ランニング日誌

フルマラソンの翌日は筋肉痛に悩まされる。マラソンランナーあるあるだが、今回はいつもと様子が違うようだ。

オラ リカバリースライド

自宅にいる時はリカバリーサンダルを履いて疲れた脚を癒している。僕が履いているのはホカオネオネの「オラ リカバリースライド」。もともとリカバリーサンダルには懐疑的だったが、実際に履いてみたら手放せなくなった。

さいたま新都心

昨日は「富士山マラソン2021」を完走した後、4時間かけて埼玉県の自宅に戻ってきた。途中、中央自動車道の渋滞に巻き込まれて、予定よりも倍近いロングドライブとなるとは…。

フルマラソンで3時間、ドライブで4時間、走りっぱなしの1日だった。

レースの翌日はランオフするよりも、リカバリージョグをした方が回復が早くなる。

というわけで今日は、さいたま新都心をゆるりとジョギングしてきた。筋肉痛なので、6:30/kmペースで走るのが精一杯。

今回の筋肉痛はいつもと違う。

これまでの筋肉痛は、太ももから足裏までの下半身全体が悲鳴をあげていた。

ところが今回は、膝から下は痛くない。代わりに背筋と腹筋と腰回りに疲労を感じる。太ももは、これまであまり疲労を感じなかった内転筋を含め、すべての筋肉が悲鳴をあげている。

つまりこれは、下半身だけでなく、上半身もうまく使って走れるようになったからではないか。

2ヶ月前からパーソナルトレーニングに通い始め、下半身と上半身の動きを一体化させる訓練を積んできた。まだ成果が現れるのには時期尚早だが、少なくとも手応えは感じられた。

今日の一枚

写真は、JRさいたま新都心駅の構内。東口→西口を通り抜けるために、今日はペデストリアンデッキの上を走った。

この記事で紹介したモノ

オラ リカバリースライド

自宅にいる時はリカバリーサンダルを履いて疲れた脚を癒している。僕が履いているのはホカオネオネの「オラ リカバリースライド」。もともとリカバリーサンダルには懐疑的だったが、実際に履いてみたら手放せなくなった。

関連記事

マラソンランナーがパーソナルトレーニングを受けるメリット

富士山マラソン遠征記:結果は3時間4分34秒(2021年/フル)

オラ(ORA)リカバリースライド レビュー:サイズ26.0cm、重さ156g

マラソンブロガーが愛用する「疲労ケア」グッズ3選

18.1kmラン:マラソン大会の中止が相次ぐ 2022.1.17

12.3kmラン:春の足音 2022.1.16

ミズノ ダブルニットキャップ ブレスサーモ:発熱するニット帽

10.0kmラン:52 Go to by Mizuno 2022.1.14

7.3kmジョグ:パタゴニア愛 2022.1.13

3.6kmジョグ:マラソン大会中止の予感 2022.1.12

#ランニング日誌

ピックアップ

ウルトラスポーツ 反射アームバンド レビュー:3M製の高性能リフレクター

ソフトフラスク (2020)レビュー:携帯しやすい給水ボトル

2021年に買ったランニングアイテム10選:おすすめは「AfterShokz Aeropex」

グンゼ ウエストウォーマー レビュー:冬ランに必須のランニング腹巻

東急スポーツオアシス リセットポール レビュー:絶妙な弾力性

モルテン Drink Mix 320 レビュー:キプチョゲ御用達のスポーツドリンク

最新記事

18.1kmラン:マラソン大会の中止が相次ぐ 2022.1.17

R1デイリー・ジャケット:腕振りしやすい裏起毛フリース

12.3kmラン:春の足音 2022.1.16

ミズノ ダブルニットキャップ ブレスサーモ:発熱するニット帽

10.0kmラン:52 Go to by Mizuno 2022.1.14

7.3kmジョグ:パタゴニア愛 2022.1.13

#ランニングシューズ #ランニングウェア #ランニングギア #補給食 #旅ラン #遠征 #解説 #日誌 #ともの部屋

最新動画