読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run

42.2kmレース:伊豆大島1周 2021.12.11

▶︎ #ランニング日誌

多忙な1日だった。6時に伊豆大島に到着して、8時半から「伊豆大島マラソン」を走る。レースの後は温泉で汗を流し、15時半のフライトで大島かめりあ空港を出発。18時帰宅。

ASICS METASPEED SKY

今日のレースで履いたランニングシューズはアシックスの「メタスピード スカイ」。カーボンプレートを搭載したトップアスリート向けのモデルで、前足部のクッションに厚みを持たせることでストライド(歩幅)を大きく伸ばせるようにしている。サイズはメンズが24.5~29.0cm/30.0cm、レディースが22.5~26.5cm。

伊豆大島

「伊豆大島マラソン2021」は、島の東側にある「仲の原園地」から時計回りでぐるりと1周するコース。

8時半にスタートし、最初の10kmはサブ3ペースで無理なく走れた。

10〜20kmは高低差365mの坂を上る。ペースを落として挑むが、勾配が思ったよりも緩やかで、5:10〜5:30/kmペースで走り切ることができた。

20〜30kmは下り坂があるので楽だった。なるべく重力を生かして坂を転がるようにして走り、最速区間は3:33/kmまでペースアップした。

最もキツかったのは30〜42km。特に32km以降はアップダウンが続き、高低差100mの坂が待ち構えている。

公式タイムは3時間16分50秒で、総合準備は12位だった。ちなみに1位の完走タイムは2時間48分台。

ここまでアップダウンのキツいフルマラソンは初めて。あの「富士山マラソン」が可愛く思えるレベルだ。

そんな難コースで最後まで歩かずに走りきった自分を褒めてあげたい。

でも一度だけ、お腹がギュルッと痛くなり、トイレに駆け込んで2分ほどタイムロスしている。まあこれも今となれば良い思い出。

今日の一枚

写真は「伊豆大島マラソン」のコース上に設置された仮設トイレ。いつもはスルーするが、今回は救世主のように見えた。

この記事で紹介したモノ

ASICS METASPEED SKY

今日のレースで履いたランニングシューズはアシックスの「メタスピード スカイ」。カーボンプレートを搭載したトップアスリート向けのモデルで、前足部のクッションに厚みを持たせることでストライド(歩幅)を大きく伸ばせるようにしている。サイズはメンズが24.5~29.0cm/30.0cm、レディースが22.5~26.5cm。

関連記事

伊豆大島マラソン遠征記:結果は3時間16分50秒(2021年/フル)

メタスピードスカイ レビュー:サイズ 26.0cm、重さ178g

2021年に買ったランニングシューズ10足:おすすめは「METASPEED SKY」

18.1kmラン:マラソン大会の中止が相次ぐ 2022.1.17

12.3kmラン:春の足音 2022.1.16

ミズノ ダブルニットキャップ ブレスサーモ:発熱するニット帽

10.0kmラン:52 Go to by Mizuno 2022.1.14

7.3kmジョグ:パタゴニア愛 2022.1.13

3.6kmジョグ:マラソン大会中止の予感 2022.1.12

#ランニング日誌

ピックアップ

ペガサス 38 レビュー:サイズ26.0cm、重さ265g

Wind Shield Pantsレビュー:自分史上最強の防寒ランニングパンツ

ウルトラスポーツ 反射アームバンド レビュー:3M製の高性能リフレクター

Garmin防塵プラグ:充電ポートの水濡れ・サビを防ぐキャップ

美脚筋メーカー5本指レビュー:履くだけで足指・体幹トレーニング

ソフトフラスク (2020)レビュー:携帯しやすい給水ボトル

最新記事

18.1kmラン:マラソン大会の中止が相次ぐ 2022.1.17

R1デイリー・ジャケット:腕振りしやすい裏起毛フリース

12.3kmラン:春の足音 2022.1.16

ミズノ ダブルニットキャップ ブレスサーモ:発熱するニット帽

10.0kmラン:52 Go to by Mizuno 2022.1.14

7.3kmジョグ:パタゴニア愛 2022.1.13

#ランニングシューズ #ランニングウェア #ランニングギア #補給食 #旅ラン #遠征 #解説 #日誌 #ともの部屋

最新動画