読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run

7.3kmジョグ:魔法のドリンク 2021.12.19

▶︎ #ランニング日誌

最近は外が寒すぎて、走りに出かけるのをためらってしまう。そんな時は砂糖をたっぷり入れたミルクティーで身体を温めてあげると、心のスイッチが入る。僕にとっては魔法のドリンクだ。

雲の上へ (6日間でエベレスト2度登頂の偉業への道)

今日読んだ本。世界最高の山岳アスリートとして知られるキリアン・ジョルネ(Kilian Jornet)の自叙伝。トップランナーならではの葛藤を垣間見ることができる一冊だ。

さいたま新都心

今日はとても充実した1日だった。

午前中は、娘たちのピアノの発表会に参加。その後、焼肉ランチで娘たちを労い、ヨドバシカメラさいたま新都心店へ。

ヨドバシカメラでは、オーディオテクニカの「ハイブリッドインシュレーター」を購入。これをオーディオコンプの下に敷くと音源による振動が「絶縁」され、音質が劇的に向上する。実際に、前よりも音の解像度が増した気がする。

最上階フロアには石井スポーツも入っているので、セール中のランニングシューズやウェアを見て回ったが、目ぼしいものはなかった。

そして夕方からジョギングへ出かけた。結局また、さいたま新都心まで往復してきた。どんだけ新都心が好きなんだ…。

今日は新しいランニングシューズの試走も兼ねていたので、7kmジョグの最後の1kmは3:30/kmまでビルドアップした。

新しいシューズは、Allbird(オールバーズ)というメーカーの「Tree Dasher(ツリーダッシャー)」というモデル。

2020年に発売されたモデルだが、ファッション誌で見かけて履いてみたくなった。

履いた感想としては、ナイキの「リアクト インフィニティ ラン」などに搭載されているリアクトフォームの感触に近い。詳しくは後日、レビュー記事にまとめる。

今日の一枚

写真は、さいたま新都心のショッピングモール「コクーン」の夜景。写真左上にはまん丸のお月様が顔を出していた。

この記事で紹介したモノ

雲の上へ (6日間でエベレスト2度登頂の偉業への道)

今日読んだ本。世界最高の山岳アスリートとして知られるキリアン・ジョルネ(Kilian Jornet)の自叙伝。トップランナーならではの葛藤を垣間見ることができる一冊だ。

関連記事

REACT INFINITY RUNレビュー:サイズ26.0cm、重さ252g

18.1kmラン:マラソン大会の中止が相次ぐ 2022.1.17

12.3kmラン:春の足音 2022.1.16

ミズノ ダブルニットキャップ ブレスサーモ:発熱するニット帽

10.0kmラン:52 Go to by Mizuno 2022.1.14

7.3kmジョグ:パタゴニア愛 2022.1.13

3.6kmジョグ:マラソン大会中止の予感 2022.1.12

#ランニング日誌

ピックアップ

ソフトフラスク (2020)レビュー:携帯しやすい給水ボトル

モルテン Drink Mix 320 レビュー:キプチョゲ御用達のスポーツドリンク

COROS PACE 2レビュー:世界最軽量29gのランニングウォッチ

モルテン GEL100 レビュー:キプチョゲ御用達のエナジージェル

【2022年最新】ランニング日誌:ランナーズ・クリールの付録を徹底比較

自己紹介:マラソンブロガーの誕生秘話と主な活動内容

最新記事

18.1kmラン:マラソン大会の中止が相次ぐ 2022.1.17

R1デイリー・ジャケット:腕振りしやすい裏起毛フリース

12.3kmラン:春の足音 2022.1.16

ミズノ ダブルニットキャップ ブレスサーモ:発熱するニット帽

10.0kmラン:52 Go to by Mizuno 2022.1.14

7.3kmジョグ:パタゴニア愛 2022.1.13

#ランニングシューズ #ランニングウェア #ランニングギア #補給食 #旅ラン #遠征 #解説 #日誌 #ともの部屋

最新動画