マラソンブロガーの僕が、家族旅行でリゾートホテルを選ぶ理由

家族旅行の宿泊先は、なるべくリゾートホテルを選ぶようにしています。
リゾートホテルなら、レジャー・アミューズメントが充実しており、家族が暇を持て余す心配がありません。例え僕がランニングで半日抜け出したとしても、文句を言われることもありません。
リゾートホテルは家族持ちのランナーに優しく、趣味(ランニング)と家庭の両立が奇跡的に叶うドリームランドなのです。

午前中は一緒に過ごし、午後はひとりでランニング

ここ数年、我が家の家族旅行の過ごし方がパターン化してきています。
午前中は家族と一緒に旅先の観光名所を巡り、昼食を食べてから宿泊施設に戻る。そして午後からひとりでランニングに出かけ、夕食で家族と再び合流する。
例えば、昨日の日程は以下のとおりでした。

午後のトレイルランニングは予想以上に時間がかかってしまい、18時〜の夕食に間に合わず…。しかし幸いなことにバイキング形式の食事だったので、家族には先に食事を進めてもらい、途中から合流しました。

大自然の中でランニング

家族のケアも大事ですが、旅先でのランニングをとことん楽しむことも大事
リゾートホテルの多くは都会から離れたリゾート地にあるため、大自然の中でランニングが楽しむことができます。
2019年の夏は、伊豆高原を走ったり、天城縦走路のトレランコースを走ったりしました。
伊豆高原は関東平野に比べて気温が10度以上低いので、涼しい環境でランニングができるメリットもあります。

2018年の夏は、北海道・洞爺湖で湖の中央に浮かぶ「中島」でトレイルランニングに挑戦。

2017年の夏は、群馬県万座温泉で標高1800mの高地トレーニングを体験しました。

世界遺産でランニング

リゾートホテルの近くには、世界遺産など世界的な観光名所がある場合もあります。大自然もいいですが、ランニングしながら観光するのも最高です。
2018年のゴールデンウィークは中国の「杭州西湖」のリゾートホテルに滞在し、世界遺産の湖の周りを走って1周してきました。

2017年のお盆休みは韓国の首都ソウルに滞在。この時は、ソウルの隣町の水原(スウォン)で世界遺産「水原華城」の城壁を走って1周してきました。

リゾートホテルなら、レジャー・アミューズメントが充実しており、家族が暇を持て余す心配もないですからね。おかげで家族旅行の最中でも、こうしてランニングに没頭することができます。

ランニングと家庭の両立

家族旅行に出かけると、家族との時間を優先させなきゃいけないと思いがちですが、ランニングも家庭も両立できる上手いやり方があるはず。
僕の場合、それはリゾートホテルに宿泊するということでした。

さいごに

自分は家族のことを第一に考えて計画・行動していますが、家族は案外、「パパがいない方がゆっくり寛げるね!」などと言っているかもしれません。

最強のホテル100