【こども動物自然公園】埼玉の新名所、周回2kmのクロスカントリーコース

こども動物自然公園は埼玉県東松山市にある県立の動物公園。その敷地内には周回2km、最大高低差37mのクロスカントリーコースがあり、誰でも無料で利用できる。こども動物自然公園に遊びに行くついでに走ってきたので紹介したい。

アクセス

クロスカントリーコースへの入口は、こども動物自然公園の入口と異なり、初めて行く人には分かりづらい。大東文化大学・緑山キャンパスと東京電機大学・埼玉鳩山キャンパスを結ぶ「電大通り」の途中に看板があるので、案内に沿って細い道を降りていくと入口がある。

最寄駅は東武東上線の高坂駅。駅から南西へ3kmほど離れた場所にある。車だと関越道の東松山IC、あるいは坂戸西スマートICが近い。無料駐車場もあり、今回は車でお邪魔した。

住所:埼玉県東松山市田木

こちらがクロスカントリーコースの入口。

管理事務室には、トイレやシャワー、更衣室、AEDがある。

コース

クロスカントリーコースの距離は1,830m。ただし、スタート地点とゴール地点が200mほど離れているため、その区間を含めた周回コースは1周2.0km。下の地図の赤い点線がクロスカントリーコース。内側の黄色い線は周回1.3km散策路だ。

コースの最大高低差は37m。前半が上り坂、後半が下り坂になっている。実際に走ってみると、想像以上にキツい。ここなら足腰が鍛えられそうだ。

スタート地点は管理事務室の前。緩やかな坂を上っていく。

地面はフラットな土。ヘアピンカーブの多いコースだが、コーナーには滑り止めの砂利が敷いてあるので安心だ。手入れもしっかりと行き届いており、ランニング中に事務員の方がコース上にできたくぼみを修復していた。

途中、クロスカントリーの内側に整備された1周1.3kmの「散策路」を並走する。

コース上には距離表示もある。

こちらはゴール地点。ここから散策路に合流し、200mほど下っていくとスタート地点に戻る。

ショートムービーも撮影した。

お役立ち情報

クロスカントリーコースは、反時計回りの一方通行となっている。歩行者もいるので、ランナーは右側、歩行者は左側通行となる。

管理事務室の前には、手作りの「ドングリコロコロ」が置いてあった。事務員の方の話では、子連れでくる人が多いが、子どもが退屈してしまうので設置したとのこと。僕の小学生の娘たちは、クロスカントリーコースを走りながらドングリを拾い、走り終えた後にドングリコロコロで遊んだ。

コース周辺には、体験型の動物園や巨大アスレチック場を擁する埼玉県こども動物自然公園がある。子連れファミリーなら、動物公園で家族を遊ばせている間にクロスカントリーコースで汗を流すのも良い。