サッカニー「エンドルフィン プロ」の評価・レビューまとめ

2020年6月に発売されたサッカ二ー(saucony)のランニングシューズ「エンドルフィン プロ(ENDORPHIN PRO)」をレビューします。

サッカ二ーは、1898年創業アメリカ最古のランニング専門ブランド。「エンドルフィン プロ」はサッカニー初のカーボンプレートを搭載したエリートランナー向けのランニングシューズです。

エンドルフィン プロの特徴

「エンドルフィン プロ」の特徴は以下のとおりです。

  • サッカ二ー初の「カーボンプレート」を搭載。S字構造のフルレングス・カーボンプレートが着地時の衝撃を推進力へ変換
  • 新開発のクッション素材「PWRRUN PB」を採用。従来よりも40%の軽量化・88%のエナジーリターン率を実現
  • アッパーには「FORMIT構造」を採用。立体的なホールド感と高い耐久性・通気性を実現
  • 重さは196g(メンズ25.5cm)
  • 最も快適に走れるペースは4’30/km前後

最大の特徴は、ミッドソールの間にフルレングスのカーボンプレートを挟み込んでいること。ミッドソールが高いクッション性を、カーボンプレートが高い反発性を生み出しています。

サイズは、メンズが25cm~29cm/30cm、ウィメンズが22.5cm~25.5cm。

カラーは、白とポップな色が特徴の「WHITE MUTANT」のみの展開となります。

以下は360度ビューの動画です。

デザイン・重さ

ここからは「エンドルフィン プロ」について詳しく見ていきます。

ミッドソール

ミッドソールには軽量化かつ耐久性に優れたカーボンプレートが挟み込まれています。S字構造になったプレートの先端は、着地時の衝撃から推進力を生み出します。

クッション素材には、新開発の「PWRRUN PB(パワーランピービー)」を採用。サッカー二の従来のクッション素材「PWRRUN+」よりも40%の軽量化・88%のエナジーリターン率を実現しています。見た目や触ってみた感じは発泡スチロールに近いです。

アッパー

アッパーには「FORMIT構造」を採用。立体的なホールド感と高い耐久性・通気性を実現しています。タンはアッパーと一体化させることで抜群のフィット感を生み出しています。

アウターソール

クッション素材「PWRRUN PB」を覆うように、カラフルなアウターソールがフォア中心に配置されています。ミッドフットは「PWRRUN PB」がむき出しになっており、「saucony」のロゴがさりげなく入っています。

インナーソール

立体構造でクッション性に優れたインターソールが使われています。

シューレース

シューズの紐は、別カラーが付属しています。カラフルなシューレースが好みの方におすすめです。

重さ

メンズ25.5cmの実測値は196gでした。

履いてみた感想

ここでは、実際に「エンドルフィン プロ」を履いてみた感想(個人的見解)を紹介します。

サイズ・フィット感

僕は通常、25.5cmサイズのワイドタイプのランニングシューズを履いています

「エンドルフィン プロ」はワイドタイプがないので、今回は25.5cmサイズのスタンダードタイプを選びました。全体的に余裕があり、横幅もキツくありません。

最も走りやすいペースは4’30/km前後

ビルドアップ走で試走してみましたが、最も快適に走れるペースは4’30/km前後でした。

5’00/kmより遅いペースでも走れますが、カーボンプレートの反発力を生かしきれないように思います。

履き心地は「カーボンX」に近い

僕のシューズコレクションの中では、ホカオネオネ「カーボンX」と履き心地が似ています。

「カーボンX」はミッドソールにカーボンプレートを内蔵しており、ロッキングチェアのように転がして前に進むと、長時間疲れずに走り続けられます。

「エンドルフィン プロ」も同じです。僕の場合、4’30/kmペースあたりから転がして走れるようになります。

「カーボンX」との違いがあるとすれば、「エンドルフィン プロ」の方がクッション性が強いです。

購入ガイド

価格

サッカ二ー「エンドルフィン プロ」の定価は税込19,800円です。

売っている場所

2020年6月〜先行販売では、ABCマートでのみ取り扱っていました。

今回僕は、先行販売期間に「ABCマート」で注文しました。6月1日に注文し、6月27日に埼玉県の自宅に届きました。

箱を開けて驚いたことが二つありました。ひとつは、シューズの形を固定するために、ストローみたいな棒が使われていたこと。もうひとつは、替えのシューレース(紐)が同梱されていたこと。

今回は人生で初めてサッカ二ーのランニングシューズを購入したのでこれがスタンダードなのかはわかりませんが、とても新鮮でした。

まとめ

以上、2020年6月に発売されたサッカ二ー(saucony)のランニングシューズ「エンドルフィン プロ(ENDORPHIN PRO)」を紹介しました。

特徴をまとめると以下のとおりです。

  • サッカ二ー初の「カーボンプレート」を搭載。S字構造のフルレングス・カーボンプレートが着地時の衝撃を推進力へ変換
  • 新開発のクッション素材「PWRRUN PB」を採用。従来よりも40%の軽量化・88%のエナジーリターン率を実現
  • アッパーには「FORMIT構造」を採用。立体的なホールド感と高い耐久性・通気性を実現
  • 重さは196g(メンズ25.5cm)
  • 最も快適に走れるペースは4’30/km前後

ホカオネオネ CARBON X-SPE