【ザバス】アミノパワープロテイン 徹底レビュー。飲みやすいスティックタイプ

アミノパワープロテインは、人気プロテインブランド「ザバス(SAVAS)」のスティックタイプ。体内での吸収に優れた「パワーペプチド」を配合し、シェイク不要で水と一緒にそのまま飲める。レースや練習の後にすぐにプロテインを摂りたいランナーにおすすめだ。僕はポイント練習や筋トレの後に愛用している。

アミノパワープロテインの特徴

アミノパワープロテイン」の特徴は以下のとおり。

最大の特徴は、スティックタイプで飲みやすいこと。開封して水などの飲料と一緒にそのまま飲めるので、いつでもどこでもプロテイン補給が出来る。

昔はザバスの粉タイプの「ホエイプロテイン」を買って自宅で飲んでいたが、シェイクするのが手間だし、洗い物が出るし、面倒くさくて飲まなくなってしまった。

それからザバスの紙パックタイムの「ミルクプロテイン」を飲むようになった。常温保存が可能でそのまま飲める手軽さが気に入ったが、携帯するにはやや重い。

そして最後にたどり着いたのがスティックタイプ。最近ではアミノバイタルの「アミノプロテイン」を愛用している。スティックタイプは手軽に飲めて、携帯しやすいのが気に入っている。例えば、マラソン大会やポイント練習に携帯して、走り終えてすぐに飲むといったことも可能だ。

人気のプロテインブランド「ザバス」にスティックタイプがあると知れば、もう買わない理由はない。

原材料と栄養成分

次に「アミノパワープロテイン」の原材料と栄養成分を見ていこう。参考までに競合製品となるアミノバイタルの「アミノプロテイン」と比較する(いずれも「レモン味」で比較)。

ザバス アミノパワープロテイン アミノバイタルアミノプロテイン
原材料名 乳清ペプチド、乳清たんぱく、レモンパウダー/ロイシン、ヒドロキシプロピルセルロース、酸味料、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、ステビア、アセスルファムK)、乳化剤、香料、着色料(ビタミンB2)、(一部に乳成分を含む) ホエイたんぱく(乳成分を含む)/ロイシン、リジン、バリン、イソロイシン、スレオニン、フェニルアラニン、クエン酸、メチオニン、ヒスチジン、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、アセスルファムK)、トリプトファン、香料、着色料(V.B2)
栄養成分(1本あたり) エネルギー:16kcal、たんぱく質:3.6g、脂質:0.03g、炭水化物:0.4g、食塩相当量:0.07g、ロイシン 1410mg エネルギー:16.8kcal、たんぱく質:4.0g、食塩相当量:0.01g、炭水化物:0.1~0.4g、脂質:0g、遊離必須アミノ酸:3.3g

フレーバーは3種類

アミノパワープロテイン」は、3種類のフレーバーがあり「カフェオレ味」「レモン味」「パイナップル味」から選べる。今回僕が選んだのはカフェオレ味。甘さ控えめで、ほんのりカフェオレの味がした。

スティックタイプは「11本入り」と「33本入り」の2種類あるので、どのフレーバーが良いか迷う場合は、少量の「11本入り」で試してみるのがおすすめだ。

飲みやすい顆粒タイプ

アミノパワープロテイン」は1本4.2g。顆粒タイプなので、サラサラして飲みやすい。口に入れても口内にまとわりつかず、飲料と一緒に簡単に飲むことが出来る。飲みやすさでいうと、アミノバイタルの「アミノプロテイン」よりも「アミノパワープロテイン」に軍配が上がる。

常温保存が可能

アミノパワープロテイン」は常温保存が可能。賞味期限は18ヶ月もあるので、買い溜めしても安心。パッケージは自立する設計なので、開封してそのまま入れ物としても使えるのが良い。