Protect S1レビュー:マラソンの股ずれを解消するクリーム

毎年冬になるとマラソンの「股ずれ」に悩まされる。乾燥する季節に長距離を走ると、太ももの付け根が擦れて腫れ上がり、足を動かすたびに激痛が走る。そんな悩みを解消する専用クリームがあると知り、実際に使ってみたら嘘のように股ずれが起きなくなった。同じ悩みを抱えているランナーのために「Protect S1 スポーツ摩擦皮膚保護クリーム」を紹介する。

Protect S1 スポーツ摩擦皮膚保護クリーム

この記事の目次

マラソンの股ずれとは?

股ずれとは、股の内側が摩擦によって炎症を起こした状態を指す。悪化すると歩けなくなるほどの激痛が走り、その辛さは経験者しかわからない。

痛くなる場所は太ももの付け根の部分。写真をお見せするのは憚られるので、代わりにクマのプーさんを使って説明しよう。ちょうど、指で指しているあたりだ。

炎症が起きると、ミミズ腫れようにぷっくりと腫れる。腫れるとさらに擦れやすくなり、腫れが悪化するという負のスパイラルに陥る。

僕の場合、乾燥する季節に2時間以上走り続けると9割の確率で股ずれが起きる。冬のフルマラソンや30km走は完全にアウトだ。

股ずれを解消するクリーム

股ずれを解消する最も簡単な方法は、事前にクリームを塗って摩擦を軽減させること。肌と肌が触れ合う部分に塗ると、クリームが潤滑油となり、皮膚の炎症を抑えてくれる。ランニングの場合は、太ものの付け根あたりが炎症を引き起こす「股ずれ」の予防・緩和に効果が期待できる。

ワセリンなどでも代用できるが、今回紹介する「Protect S1 スポーツ摩擦皮膚保護クリーム」を使うのがおすすめだ。実際に僕はこれを使って股ずれの痛みから解放された。

Protect S1」の特徴は以下のとおり。

1回塗ると、3〜4時間は効果が持続する。逆にいうと3〜4時間経つと効果が薄れるので、なるべく走り始める直前に塗るのがよい。

Protect S1の評価

フルマラソンで使用

実際にフルマラソンのレース本番で「Protect S1」を使ってみた。毎年真冬の「大寒」の季節に開催される「勝田全国マラソン」。対策なしだと股ずれになる可能性は100%だ。

レース当日の予定は以下のとおり。今回は自宅を出発する前に塗っておいた。

ポンプ式なので軽くプッシュするだけで1回分のクリームが出てくる。肌荒れを起こす部分に塗って、しっかりと擦り込むと、3〜5分後に保護膜が形成される。

さすがに塗ってから時間が経ち過ぎたので、ラスト10kmあたりで効果が薄れ、太ももの付け根がムズムズしてきた。

効果が持続するのは3〜4時間なので、フルマラソンの場合は、スタートの直前に塗るべきだったと後悔した。

30km走

練習でも、30kmを超える長距離走の時に使っている。とにかく走り始める直前に塗るのがポイント。

Protect S1 スポーツ摩擦皮膚保護クリーム