読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run

高根沢元気あっぷハーフマラソン遠征記:結果は1時間23分38秒(2019年/ハーフ)

▶︎ #マラソン遠征#栃木県

2019年1月13日に開催された「高根沢元気あっぷハーフマラソン」を走ってきた。種目はハーフマラソンの部。

NEW BALANCE HANZO V2

今回のレースで履いたシューズは、ニューバランスの「HANZO V2」。伝説のシューズ職人の三村仁司氏が率いるM.Lab(ミムラボ)と共同開発したニューバランス最速のマラソンシューズだ。

この記事の目次

大会の魅力

「高根沢元気あっぷハーフマラソン」の主な特徴は以下のとおり。

  • 毎年1月に栃木県塩谷郡塩谷郡高根沢町で開催
  • 種目はハーフ・10km・5km・2km
  • 会場は高根沢元気あっぷむら

最新の情報は公式サイトを確認しよう。

高根沢町で開催

高根沢町は、栃木県の県庁所在地の宇都宮市から15kmほど北東に位置する。最寄駅は、JR宇都宮線・宝積寺駅。

箱根駅伝の選手と走れるレース

今年は青山学院大学と東海大学の2校が招待され、スタートラインの最前列に並んだ。速すぎて一緒に走れるわけではないが、速い選手がいるとテンションが上がる。

フラットコース

自動車道と田んぼ道(アスファルト)を通るコースは、アップダウンがほとんどなく、自己ベストが出やすいコース。ハーフマラソンは日本陸上競技連盟公認コースでもある。

遠征日程

埼玉県の自宅から参加するため、今回は1泊2日の日程でレース前日に現地入りした。

2019年1月12日(土)レース前日

今回は会場から車で15分ほどの場所にある「高根沢元気あっぷむら」というレジャー施設で前泊した。

ハーフマラソンでは13km地点を過ぎたあたりで「高根沢元気あっぷむら」の横を通過する。

2019年1月13日(日)レース当日

レース当日のスケジュールは次のとおり。

  • 7:30 起床
  • 8:00 朝食
  • 9:15 宿泊先を出発
  • 9:40 大会会場に到着
  • 10:40 スタート

大会専用の駐車場に車を置いていく。駐車場から会場までの距離は2km弱。大会専用の無料シャトルバスも運行しているが、ウォームアップ代わりに走って向かった。

スタートライン

「高根沢元気あっぷハーフマラソン」の会場は、高根沢町町民広場陸上競技場に設置される。

会場入り

スタートの1時間前に会場に到着。ちょうど10kmの部のランナーがゴールの陸上競技場でフィニッシュしているところだった。

無料の荷物預り所があるが、今回は荷物を車に置いてきたので利用せず。

選手集合

スタート地点は陸上競技場だが、10kmの部がまだ終わっていないため、ハーフマラソンの部のランナーは隣の野球場に集合する。

目標タイム別に整列。1時間20分以内はさすがに自信がないので、1時間20分〜1時間40分の列に加わった。スタート10分前に陸上競技場へ移動し、よーいどん!

コース攻略

「高根沢元気あっぷハーフマラソン」のコースの特徴は以下のとおり。

  • スタート・ゴールは高根沢町町民広場陸上競技場
  • 高根沢町をぐるりとまわるフラットコース
  • ハーフは本陸上競技連盟公認コース

以下のコースマップは公式サイトより拝借。

ハーフマラソンを走るのは、2018年11月18日に参加した「上尾シティマラソン」以来。その後12月に右足首を捻挫してしまい、今回は怪我から6週間後の「復帰レース」となる。

スタート〜13km

今回は自己ベストを狙わずに、平均ペース4:00/kmを目標に掲げた。最初の1kmは4:08/km。思ったより好調なので徐々にペースアップ。それから13kmまでは4:00/kmジャストかそれより速いペースを維持した。

以下は5km付近の様子。基本的には自動車道か田んぼの道(アスファルト)を走る。

6〜10kmは3:50/km前後と絶好調だった。

以下は13km付近の様子。この先に前泊した「高根沢元気あっぷむら」があります。娘たちがハイタッチをしてくれた。

14km〜ゴール

「高根沢元気あっぷむら」を通過すると、急に体力とモチベーションがガクッと下がった。

前半で飛ばし過ぎたからなのか4:00/kmを切るペースを維持できない。ラップタイムが最も遅かった16kmでは4:06/km。前半で追い抜いたランナーにどんどん抜かれていく。

13km〜16kmは風が強かったのもペースダウンの要因のひとつ。遮るものがまったくない田んぼのど真ん中の道を走るので、横からの風をモロに受ける。

17km以降、自動車道に戻ると風が止んだ。同時にペースも4:00/kmジャストに戻る。以下は17kmあたりの様子。

20km地点で時計を見ると1時間19分50秒。ラスト1kmを頑張れば、1時間24分は切れるはず!ということで、気合を入れてラストスパートをかけた。

ゴールの後で

「高根沢元気あっぷハーフマラソン」の完走タイムは、グロスで1時間23分38秒だった。目標どおり、平均ペース4:00/kmを切ることができた。

ゴールした後は、計測チップ返却→水分補給→記録証受け取りと進んでいく。

いつもならご当地グルメを楽しむのだが、この日は夕方に親知らずを抜歯するため、急いで帰宅する必要があった。運よくシャトルバスが停まっていたので飛び乗り、5分ほどで駐車場に到着。

それから「高根沢元気あっぷむら」で家族と合流し、そのまま自宅を目指した。

そして、家に着いてから参加賞をもらうのを忘れていたことに気づく…。

この記事で紹介したモノ

NEW BALANCE HANZO V2

今回のレースで履いたシューズは、ニューバランスの「HANZO V2」。伝説のシューズ職人の三村仁司氏が率いるM.Lab(ミムラボ)と共同開発したニューバランス最速のマラソンシューズだ。

関連記事

HANZO V2レビュー:サイズ25.5cm、重さ170g

奥日光「湯ノ湖」の走り方:周回2.8km、走った後はにごり湯へ

那須温泉郷の走り方:坂の上の足湯が最高

#栃木県

ピックアップ

東急スポーツオアシス リセットポール レビュー:絶妙な弾力性

自己紹介:マラソンブロガーの誕生秘話と主な活動内容

2021年に買ったランニングシューズ10足:おすすめは「METASPEED SKY」

【2022年最新】ランニング日誌:ランナーズ・クリールの付録を徹底比較

スポーツバルム レビュー:冬マラソンにおすすめの防寒ジェル

2021年に買ったランニングアイテム10選:おすすめは「AfterShokz Aeropex」

最新記事

18.1kmラン:マラソン大会の中止が相次ぐ 2022.1.17

R1デイリー・ジャケット:腕振りしやすい裏起毛フリース

12.3kmラン:春の足音 2022.1.16

ミズノ ダブルニットキャップ ブレスサーモ:発熱するニット帽

10.0kmラン:52 Go to by Mizuno 2022.1.14

7.3kmジョグ:パタゴニア愛 2022.1.13

#ランニングシューズ #ランニングウェア #ランニングギア #補給食 #旅ラン #遠征 #解説 #日誌 #ともの部屋

最新動画