蓼科湖の走り方:美しすぎる湖の周回1kmランニングコース

長野県茅野市の蓼科湖(たてしなこ)の周回コースを走ってきたので紹介する。1周約1kmの散策路は、蓼科高原の自然を楽しみながらのんびり走るのにおすすめ。ここを起点に「蓼科散策路」や「信濃路自然歩道」へ足の伸ばすこともできる。

ノースフェイス ゴアテックスキャップ NN41913

蓼科高原のハイキングやランニングにおすすめなのが、ノースフェイスの「ゴアテックスキャップ」。完全防水仕様なので、突然雨が降っても安心。

この記事の著者:とも(tomo)

マラソンブロガー。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

この記事の目次

蓼科湖とは?

蓼科湖の特徴は以下のとおり。

蓼科湖の所在地は長野県茅野(ちの)市。国内有数のリゾート地の「蓼科高原」に属し、長野を代表するドライブルートの「ビーナスライン」の途中にあることから、多くの人が訪れる人気観光スポットだ。今回は蓼科高原に宿泊したついでに走ってきた。

ランナーから見た蓼科湖の魅力

蓼科湖の周りには、1周約1kmの散策路が整備されている。ただしシーズン中は観光客が多いため、ランニングに集中できる場所ではない。なので、蓼科高原の自然を楽しみながらのんびり走りたい人におすすめだ。

あるいは、周回コースから外れて全長3kmの「蓼科散策路」や「信濃路自然歩道」でトレイルランニングを楽しむのもいいだろう。

アクセス

白樺湖の最寄駅はJR茅野駅。駅から蓼科湖までは、路線バスの「北八ヶ岳ロープウェイ線」でアクセスできる。車なら中央自動車道・諏訪ICから県道192号・ビーナスラインを30分ほど走る。

道の駅が目印

蓼科湖のランドマークは、湖の北側にある「道の駅 ビーナスライン蓼科湖」。ビーナスライン沿いにあり、無料駐車場や公衆トイレ、売店やレジャー施設などが揃っている。

こちらが道の駅。掘立て小屋のような簡易的な建物だが、リゾート仕様のデザインがかっこいい。。

コース

今回は「道の駅 ビーナスライン蓼科湖」を起点に、蓼科湖の周回コースを時計回りに1周してきた。参考までにストラバのアクティビティを貼り付けておく。

右回り、左回りのどちらもOK。今回は右回りで。

湖の北側の散策路はウッドチップが敷き詰められているので、ランナーの脚に優しい。

湖の西側にはウッドデッキの遊歩道が整備されている。水面よりも少し高い位置にあるので景色が良い。ただし道幅が狭いので、観光客がいる時は下の道路を走ったほうが無難だ。

湖の南側から「道の駅 ビーナスライン蓼科湖」方面を見た様子。

南側の散策路は「歩行者専用」と書かれた看板が立っており、ランナーは歩行者扱いされるのかは悩むところ。

まあ歩行者の邪魔にならなければ走っても問題ないだろう。この辺りは湖に最も近く、蓼科湖を一番身近に感じられるところだ。

湖の東側にもウッドデッキがある。光の屈折のしかたが関係しているのか、この辺りは湖が深緑色に見える。

ここから湖を離れて「蓼科散策路」を進んでいくと、横谷峡までたどり着ける。

まもなく「道の駅 ビーナスライン蓼科湖」に戻る。

と思ったら「彫刻公園 無料開放中」の看板を見かけた。

敷地内の芝生には面白い作品が点在していた。これなんかは椅子として座ってもいいのかな?

お役立ち情報

ソフトクリーム

蓼科湖に来たら食べて欲しいのが、喫茶 蓼科アイスさんの「濃厚バニラソフトクリーム」。

彫刻公園

蓼科湖の隣にある「リゾートホテル蓼科」の敷地内には、入場料無料の彫刻公園がある。彫刻作品を鑑賞しながら広大な公園を散策するのもおすすめだ。

ノースフェイス ゴアテックスキャップ NN41913

蓼科高原のハイキングやランニングにおすすめなのが、ノースフェイスの「ゴアテックスキャップ」。完全防水仕様なので、突然雨が降っても安心。