セラバンド レビュー:ゴムの強度が選べるエクササイズバンド

トレーニングチューブをAmazonで探していたら「セラバンド(TheraBand)」というエクササイズバンドが目に留まった。セラバンドは長さ2m・幅12.5cmの極薄のゴムバンド。チューブタイプよりも身体に馴染みやすく、ゴムの強度が8段階から選べるのが特徴だ。しかもカラフルなので、毎日のエクササイズでテンション上がること間違いなし。僕が購入したのは、強度が下から4番目のタイプ。ダイエットや筋トレ(初級)など、軽めのエクササイズに適している。実際にランニングの補強トレーニングで使ってみた感想をもとに、負荷レベルの選び方や使用感について紹介する。

セラバンド TheraBand

「セラバンド」は8段階の強度から選べる。ランナーの方がダイエット・筋トレ目的で使うなら、まずは「グリーン」から始めることをおすすめしたい。

楽天スーパーセール開催中!ポイント最大43倍。12/11まで

書いた人:マラソンブロガー「とも」。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

この記事の目次

米国理学療法士協会が認定

セラバンドは、約40年前に医療向けリハビリ用品として開発され、今では世界60カ国のリハビリテーションの現場で使用されている。米国理学療法士協会(American Physical Therapy Association)の認定パートナーブランドでもあるので安心して使える。

8色、8段階の負荷レベル

セラバンドの最大の特徴は、自分の好みと目的に応じてゴムの強さを8段階から選べること。色で負荷レベルが分かれており、最も標準的な負荷レベル(強度 0)がレッド、最弱(強度 -2)がタン、最強(強度 +5)がゴールドとなっている。

セラバンドの色別の強度と用途は以下のとおり。

カラー強度リハビリダイエット筋力アップ
タン-2
イエロー-1
レッド0
グリーン+1
ブルー+2
ブラック+3
シルバー+4
ゴールド+5

グリーンがおすすめ

「どの色を買えばいいのか分からない。。」とお悩みのランナーには、グリーン(強度 +1)をおすすめしたい。最も標準的なレッドよりも負荷レベルが1段階高く、用途がダイエット〜筋力アップまで幅広くカバーできるからだ。

実際にグリーンを使ってみた感想としては、強度がやや物足りない気がする。しかし、手で握る位置を変えてゴムの長さを短くすれば強度が上がるので問題ない。

強度を下げることが出来ないが、上げることは出来る。なので、少し物足りないくらいの強度レベルを選ぶのがコツだ。

チューブタイプより使いやすい

セラバンドは、チューブタイプに比べる圧倒的に使いやすい。まず、幅が12.5cmもあるので、手で握りやすく、滑りにくい。また、脚や肩に引っ掛けて使用する際に、肌にくい込まないのが良い。

さらにコンパクトに折り畳めるので、ジムや旅行などに持ち運ぶのにも便利だ。

トレーニングガイド付き

セラバンドを買うと、トレーニングガイドが付録で付いてくる。これを見れば、目的別にどこをどう鍛えれば良いかが一目瞭然。

僕はランニングの補強トレーニングを目的に、ランニングだけでは鍛えにくい上半身を中心にセラバンドでトレーニングを行っている。

関連情報

書いた人:マラソンブロガー「とも」。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

セラバンド TheraBand

「セラバンド」は8段階の強度から選べる。ランナーの方がダイエット・筋トレ目的で使うなら、まずは「グリーン」から始めることをおすすめしたい。

楽天スーパーセール開催中!ポイント最大43倍。12/11まで