【THULE Vea Backpack】シューズ収納付きバックパック レビュー

通勤ランやマラソン遠征に使えるバックパックが欲しかったのでTHULE(スーリー)の「Vea Backpack 21L」を購入した。

メイン収納とは別に、シューズや汚れ物を分けて収納できる「シューズ収納」が付いているので、ランニングシューズの持ち運びが楽になった。ノートパソコンやタブレット、A4書類なども収納でき、ビジネスバッグとしても使える。通勤ランに必要な機能がギュッと詰め込まれたバックパックだ。

この記事の目次

シューズ収納付きバックパック

Vea Backpack 21L」の特徴は以下のとおり。

最大の特徴は、本体収納とは別に、シューズや汚れ物などを分離収納が付いていること。僕は勝手に「シューズ収納」と呼んでいる。マラソン大会にレース用シューズを持ち運んだり、通勤ラン用のシューズを収納したり、ランナーからすると使い勝手が良い。

北欧ブランドTHULE(スーリー)

THULE(スーリー)は、北欧スウェーデン初のブランド。耐久性とデザイン性の高いバックパックやキャリーバッグなどを手掛けているが、本業は自動車のルーフボックスやキャビンなどを製造する、カーキャリアメーカーの世界最大手。

余談だが、僕が使っている「Macbook 12inch」のケースもTHULEブランド。シンプルなのに耐久性に優れているのが気に入っている。

21Lモデルの収納力

それでは「Vea Backpack 21L」を詳しく見ていこう。

17L、21L、25Lの3つのサイズ

「Vea Backpack」シリーズには、17L、21L、25Lの3つのサイズがあり、シューズ収納が付いたモデルは、21Lと25Lのみ。カラーは、ブラック、ライトネイビー(ブルー系)、ディープティール(グリーン系)の3色展開。今回は21LモデルのディープティールをAmazonで購入した。

シューズ収納

最大の特徴であるシューズ収納はバックパックの下の部分にある。

ジッパーを開けると、このように独立したポケットにシューズを収納することができ、使わない時は上の紐を引っ張ればポケット自体が収縮する。

ぼくが持っているランニングシューズの中で一番ゴツいサロモンの「XA PRO 3D GTX」を試しに入れてみた。

ジッパーを全開にしないと入れにくいが、スッポリと収納できた。これでスーパーのビニール袋から解放される!

使わない時は収納できる

ニューバランスの「FUEL CELL」も入れてみた。

リュック本体とシューズバッグは、薄いビニール素材で仕切られている。シューズを押し込むと、このようにメイン収納のスペースが小さくなる。シューズがない時は、メイン収納のスペースがフルに使える。無駄のない、よく考えられた設計だ。

メイン収納

バックパックの上から下まで開閉できるジッパーを開くと、メイン収納の荷物の出し入れができる。シューズを入れた状態で、アウターシェル、防寒ロングパンツ、ミドルレイヤー、手袋、ソックス、スポーツ腹巻がギリギリ収まる感じ。

メイン収納の内側には、ジッパー付きのメッシュポケット(写真では iPhoneが入っているところ)と展開可能な内ポケット(写真では雑誌が入っているところ)が付いている。内ポケットには汚れたウェアなどを分離収納することもできる。

背面収納

背中の方の収納も充実している。まず、15.6インチのPCがすっぽり収納できるラップトップ用のポケットと、その下に10インチタブレットが入るポケットが付いている。写真は「Macbook Pro 13」を収納している。

その向かい側には、A4サイズの書類が入るポケットと、小物が入れられるジッパー付きポケットがある。

スマートフォン用のポケット

側面にはスマートフォンがさっと取り出せるポケットがある。内部はプラッシュ裏地の起毛素材なの、iPhoneをケースなしで入れても傷がつきにくい。

3通りの使い方

取手は2箇所に付いている。ひとつはリュックサックの上の部分。

もうひとつは側面の部分。

収納可能なショルダーパッドもある。ショルダーパッドは軽くて厚めに作られているので、背負っても肩に食い込まない。

Vea Backpack 21L」は、バックパック、ダッフルバッグ、スリングバッグとして3通りの使い方がある。

Vea Backpackの評価

通勤ランに便利

通勤ランを始めてからランニングシューズを持ち運ぶ機会が増えたい。以前はシューズをビニール袋に包んでバックパックに入れていたが、「Vea Backpack 21L」ならその手間も省けるし、ジッパーを開け閉めするだけでシューズをサッと出し入れできるので便利。

ノートパソコンや書類も持ち運べるので、ビジネスユースにもちゃんと対応できる。

メイン収納は意外と小さい

21Lと聞くとかなりの荷物が入りそうだが、シューズを入れた状態だとそうでもない。本体収納とシューズ収納はビニール素材で仕切られているので、シューズを入れると意外とスペースを取られる。

ベルリンマラソン遠征で使用

とはいえ、ミニマリストなら泊まりがけの旅行にも使える。2018年のベルリンマラソン遠征では、3泊5日分の荷物を「Vea Backpack 21L」にすべて詰め込んだ。

バックパックひとつだと、トランジット(乗り換え)があっても移動が楽。

Thule Vea Backpack 21L