【ウルトラストレッチ アクティブ ジョガーパンツ】ユニクロのランパン レビュー

当ブログでは初登場となるユニクロ。先日、スラックスを買いに行ったついでに「ウルトラストレッチ アクティブ ジョガーパンツ」を見つけた。ちょうどロングパンツが欲しかったし、肌触りが良く、収納周りも悪くなさそうだったので試しに買ってみることにした。

結論から言うと、スポーツメーカーが作った1万円台の高機能パンツには敵わない。でもこれが1,990円で手に入ることに感動した。

この記事の目次

ユニクロのランニングパンツ

今回紹介するユニクロの「ウルトラストレッチ アクティブ ジョガーパンツ」の特徴は以下のとおり。

最大の特徴は1,990円の価格。素早く汗や水分を乾かすドライ機能、スマホや小物などが収納できるポケット、ウエストのフィット感を調整できるドローコードなど、ジョギングパンツに求められる機能がすべて揃ってこの価格であることに驚きを隠せない。

例えば、パタゴニアの「テルボンヌ・ジョガーズ」は僕のお気に入りのジョギングパンツのひとつだが、定価が12,100円もする。履き心地や機能面では「ウルトラストレッチ アクティブ ジョガーパンツ」よりも優れているが、価格と同じ分だけ「6倍」も優れているかと問われると、そんなことはない。

とにかく「ウルトラストレッチ アクティブ ジョガーパンツ」はコスパが異様に高い。

1990円で高コスパ

それでは「ウルトラストレッチ アクティブ ジョガーパンツ」を詳しく見ていこう。まずは全体像から。

第一印象は、何というか「暑苦しくない」。見ただけで薄手の生地であることが分かるし、速乾性に優れたユニクロのスポーツウェアらしい素材だ。

さらに「杢カラー」という2色の糸を織り交ぜているので、近くで見ると単一カラーのジョギングパンツにありがちな野暮ったさがない。とてもオシャレだ。

ウエストは伸縮素材が使われており、胴回りにぴたりとフィットする。ドローコードも付いているので、キュッと結んで固定することも可能。

ポケットは左右に2箇所。結構深さがあるので、スマートフォンを入れても飛び出す心配はない。

さらに右ポケットの内側には、ジッパー付きポケットがもうひとつある。財布や鍵などの貴重品を入れるのに便利だし、かなりの収納スペースなのでスマートフォンもすっぽり入る。

足首にも注目してほしい。しっかり作り込まれているので、ランニング中でも安定する。

もう一度言うが、これで1990円コスパが異様に高い。

ウルトラストレッチ アクティブ ジョガーパンツの評価

ここからは、実際に「ウルトラストレッチ アクティブ ジョガーパンツ」を着用して気づいたことを紹介していく。

ポケットは微妙

左右ポケット+ジッパー付きポケットは文句なしの収納力だが、スマートフォンなど重量のあるものを入れて走ると、ポケットの中でピョンピョン跳ねる。飛び出す心配はないが、跳ねるのは気になる。

あまり伸び縮みしない

スポーツメーカーの高性能ジョギングパンツとの違いはここ。伸縮性が低いので、ストライドが大きくなるにつれてジョギングパンツが動作の邪魔になる。ちょっとした違いなのだが、何千、何万回も同じ動作を繰り返すランニングでは大きな違いとなる。スロージョギングなら問題ない。

快適サラサラ

さすがユニクロのスポーツウェア。汗はしっかり吸収してくれるし、すぐに乾く。長時間のランニングでも快適サラサラ。

足首周りが安定する

地味に気に入っているのが足首の部分。キュッと締め付けるわけでもなく、ヒラヒラと舞うわけでもない。シュッと落ち着くのでランニング中は快適だし、立ち止まった時のシルエットが美しい。

部屋着としても使える

以上を踏まえると「ウルトラストレッチ アクティブ ジョガーパンツ」の主な用途はスロージョギングになりそう。もちろん部屋着・寝巻きとしても重宝しそうだ。

パタゴニア テルボンヌ・ジョガーズ

あわせて読みたい