碓氷峠ラン184:結果は1時間35分56秒(2016年・ハーフ)

2016年10月22日(日)に長野県軽井沢町・群馬県安中市で開催された「碓氷峠ラン184」に出場。

軽井沢ビール クラフトビール

楽天スーパーセール開催中!ポイント最大43倍。12/11まで

書いた人:マラソンブロガー「とも」。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

この記事の目次

遠征日程

10月下旬に行われる「軽井沢マラソンフェスティバル」では、2つのハーフマラソンが開催される。

  • 2016年10月22日(土):碓氷峠ラン184
  • 2016年10月23日(日):軽井沢リゾートマラソン

今回は2大会ともエントリーしており「碓氷峠ラン18」は前泊せずに当日会場入りする。そして軽井沢に一泊して翌日「軽井沢リゾートマラソン」に参加する予定。

というわけで、初日は8時前に自宅を出発し、大宮駅から8時18分発の北陸新幹線「はくたか」に乗車。

xxxx

普通車の指定席が満席だったので贅沢にもグリーン車へ。人生初の新幹線グリーン車は緊張した!

グリーン車もほぼ満席。2列+2列で普通車に比べてスペースに余裕がある。リクライニングも電動で感動した。非常に快適だが、乗車時間はたったの40分程度。

あっという間に軽井沢駅に到着。

xxxx

スタートライン

軽井沢駅南口から「碓氷峠ラン184」のスタート会場までは徒歩8分。紅葉に彩られたショッピングモールの横を通る。

xxxx

スタート30分前だが近隣の駐車場はガラガラ。これなら車で来ても余裕で駐車できそう。

xxxx

「碓氷峠ラン184」の会場は、軽井沢プリンスホテルスキー場の駐車場を間借りしている。

xxxx

9時15分、スタート25分前に到着すると、ちょうど皆さんでウォームアップ運動をしていた。

xxxx

受付で参加賞(Tシャツ)を受け取り、荷物をコインロッカーに預けた。1回300円。ちゃんと両替機も用意してあった。

xxxx

貴重品がなければ、テントの下の荷物置き場も使える。こちらは無料。

xxxx

参加者が少ないのか、トイレが空いていた。

xxxx

レース実況

コースの特徴

「碓氷峠ラン184」の最大の特徴は、前半10kmが高低差400mの下り坂、後半10kmが高低差400mの上り坂という坂を走り続けるコースにある。

以下はストラバのレース分析だが、高低差(右の目盛)を見ると、スタートから折り返し地点(10km)まで下り坂が続く。高低差が400mあり、東京タワー(333m)よりも高い。後半は走ってきたルートを逆走するので、高低差400mの上り坂が続く。

xxxx

前半(下り坂)

9時40分、定刻通りのスタート。ナンバーカードにはA~Dの区分けがあルガ、スタートラインはブロックに分かれていない。何しろ参加者数が少ないので、スタート直前に整列しても前の方に並べる。

xxxx

最初の1kmは緩やかな上り坂があるものの、峠を越えて群馬県(安中市)に入ると下り坂に入る。そしてひたすらS字カーブの坂を下っていく。みなさん結構飛ばされていて、僕も4:10/kmペースで走り続けた。

xxxx

10kmの看板が見えると、遠方に「めがね橋」が姿を現した。

  xxxx

「めがね橋」がどーん!近くで見ると結構迫力がある。

xxxx

後半(上り坂)

折り返し地点から上り坂が始まる。先ほど通り過ぎたばかりの「めがね橋」をもう一度通過。

xxxx

11~13kmは上り坂とはいえ、傾斜が緩やかなのでそれほど負荷は感じない。13kmから傾斜がグッとキツくなり、ペースもガクッと落ちる。14km以降はゼーゼー・ハーハー、苦しいのなんのって…。

xxxx

最も苦しかったのは16kmあたり。ペースは6:00/km台まで落ちてきた。「歩いちゃおうよ」と悪魔のささやきが聞こえた時、給水ポイントで我に帰った。

xxxx

上り坂といっても、傾斜がきつい区間とフラットな区間が交互に続く。前者はふんばる所、後者は息を整える所、というふうにメリハリをつけて走るようにしたら、少し楽になった。苦しみは永遠に続くわけではない。

給水ポイントを過ぎたあたりで、後ろから来たランナーに抜かれた。この方、すごくいいフォームをしていて、足を小刻みに動かしていた。見るからにランニングエコノミーが良さそう

自分も真似をして、コバンザメのように付いていくことにした。そしてゴールまで引っ張ってもらった。

周囲で歩いている人が一人もいなかったことにも救われた。これで歩いている人が続出していたら、途中で歩くことに対する抵抗感もなかったはず。

自分だけ歩くのは恥ずかしいし、自分が歩いたら後続の人たちも、ぼくの姿を見て歩いてしまうんじゃないか、というプレッシャーみたいなものを感じた。

ここから気持ちを切り替えて、最後まで走り抜くことを誓った。

17kmの看板が見えると「あと4キロ、行ける!」

18kmの看板が見えると「あと3キロ、行ける!」

19kmの看板が見えると「あと2キロ、行ける!」

単純だが、呪文のように唱えて「行ける!」と自分に言い聞かせると、頑張ろうという気持ちになる。

xxxx

20km。最後の1kmはゆるやかな下り坂になるのでもう楽勝!

xxxx

群馬県(安中市)と長野県(軽井沢町)の県境が最高地点。思わず周囲のランナーの方たちと「上り切ったね!」と声を掛け合いました。みんなやっぱり苦しかったんだな。

xxxx

ゴールの後で

最後の1kmは、自分でもびっくりするくらい全力で走り切った。走り終えると「アクエリアス」を1パックもらった。

xxxx

参加賞のTシャツも受け取った。モノクロの素敵なデザイン。

xxxx

結果は1時間35分56秒

「碓氷峠ラン184」の公式記録は1時間35分56秒だった。高低差400mの坂道を往復したことを考えれば悪くない結果だ。

参考までにストラバのアクティビティを載せておく。

「碓氷峠ラン184」では全力を出し切ったため、翌日に走る予定だった「軽井沢リゾートマラソン」はDNSしてしまった。「碓氷峠ラン184」がこんなにもキツいとは想像もしなかったので。。

関連情報

書いた人:マラソンブロガー「とも」。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

軽井沢ビール クラフトビール

楽天スーパーセール開催中!ポイント最大43倍。12/11まで