【週刊ともらん】さいたま国際マラソンのコース下見

今週の走行距離は 37.1kmでした。

  • 火:5.3km(4:51/km)
  • 水:2kmインターバル4本 + ジョグ
  • 土:9.1km(4:24/km)
  • 日:10.3km(4:45/km)

妻が金曜日から出張中のため、週末はまとまった時間が取れず。代わりに来週末は旅ランを兼ねて 40km走に出かける予定です。

2000mインターバル走

最近気合を入れて取り組んでいるのが、2000mインターバル走。4:00/km前後のペースで 3〜4本を走っています。

1周1kmコース @さいたま新都心

「ベルリンマラソン」に向けたオンライン・トレーニングプランで試して以来、週中の練習に取り入れています。

ぼくにとっては、スピードとスタミナが同時に鍛えられる理想的なトレーニング。先日参加した「円谷幸吉メモリアルマラソン」でも、ハーフのラスト5kmが粘り強く走れたのは、このおかげだと思います。

4:00/kmを切るペースで 10本くらい走れるようになりたいです。

東日本実業団対抗駅伝競走大会

週末のさいたま市はスポーツのイベントで賑わいました。

土曜日は「第59回東日本実業団対抗駅伝競走大会」が開催され、選手たちが浦和を出発し、自宅の目の前の旧中山道を駆け抜けて行きました。

クリテリウム

日曜日は、さいたま新都心で「ツール・ド・フランスさいたま クリテリウム」が開催されました。

余談ですが、次女が通っている公立保育園では、クリテリウムを記念して「クリテリウム給食」が出たそうです。

献立は、フランス料理(?)とのこと。

  • パン
  • キッシュ
  • ニース風サラダ
  • コンソメジュリアン

うらやましい…。

Relive

Garminや Stravaで記録したランニングデータを、テレビのマラソン実況放送風の動画に変換できる「Relive」を使ってみました。

仕上がりは驚くほど本格的。以下は土曜日のランニングデータ。「さいたま国際マラソン」コースの7〜11km地点を往復しました。

レースや旅ランのコースをブログでわかりやすく伝えるのって難しいんですよね。「Relive」を活用すれば、そのハードルが一気に下がりそうです。

「さいたま国際マラソン」まで、あと5週間

今年は「さいたま国際マラソン」に参加します。2015年と2016年は参加しましたが、昨年は足を痛め、やむなく DNS(Do Not Start)となりました。

地元さいたま市で開催されることもあり、毎年気合が入ります。新コースの下見にも行ってきました。

さいたま市は意外と起伏が多く、「さいたま国際マラソン」のコースもしかり。

前半は 9月の《ベルリンマラソン》よりも少し遅めのペースで走り、後半がどこまで粘れるかがポイントですね。2015年は前半に飛ばしすぎて痛い目に会いましたから。

からかい上手の高木さん(1)