【週刊ともらん】ランオフの禁断症状に苦しめられる…

2019.11.10 > 

2019年11月4日〜11月10日の1週間の出来事を振り返る「週刊ともらん」をお届けします!

今週の練習

今週の走行距離は、13.8kmでした。

「ニューヨークシティマラソン」のあとは、5日間ランオフ。普段はレースの翌日にリカバリージョグを入れるのですが、今回は疲労感が半端なく、また仕事が激務ということもあり、思い切って休みました。

土曜日は様子見で5km、日曜日は8km走ってきました。ランオフのあとのジョギングは最高に気持ち良いことがわかりました。

疲労感が半端ない!

今回の「ニューヨークシティマラソン」は、思いのほか疲れました。二泊四日というハードスケジュールで、往復27時間のフライトも身体に響いたのかもしれません。

火曜日はお休みをいただき、夕方、成田空港に到着。翌水曜日からいつも通り出社しました。通勤途中の階段が苦痛すぎました…。

ForeAthlete 945の不調

前から気になっており、ニューヨークシティマラソンでも気になり、そして土曜日のランでも気になりましたが、僕の愛用するガーミン「ForeAthlete 945」のGPS精度がどうも宜しくないようです。

走行中のペース表示が明らかにおかしかったり、アクティビティのルート表示が実際のものと大きくズレていたり。

周りで「ForeAthlete 945」を持っている人で問題ない人もいるので、僕の端末だけかもしれませんが、せっかく「935」からアップグレードしたのに残念。

ソフトウェアアップデートで良くなるのかな?

ランオフの禁断症状

5日間ランオフすると、いろんな禁断症状が出てきますね。やはり自分は、日頃から走っていないとダメな人間なのだと再確認しました。

GOrun Razor 3 Hyper

スケッチャーズのレース用ランニングシューズ「GOrun Razor 3 Hyper」をamazon.comで注文しました。米国から日本へ海外発送もできますが、来週アメリカへ出張に行くので、滞在先のホテルで受け取ることにします。

スケッチャーズは、これまでノーマークでしたが、ニューヨークシティマラソンのEXPO会場では、大きなブースを構えるほど、アメリカでは人気のブランドのようです。

まとめ

来週は仕事で再びアメリカへ。現地では早起きしてなるべく走りたい。

気に入ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

この記事を書いた人

tomo
埼玉県在住の37歳。マラソンブロガー・会社員・二児の父親

こちらもおすすめ

同じカテゴリの最新記事

ブログの他にも、YouTube、Strava、Twitterでランニングに関する情報を発信しています。

- YouTube -

主にランニングシューズのレビュー動画を撮っています。チャンネル登録してもらえると嬉しいです。

チャンネルをチェック ▶︎

- Strava -

Garminウォッチで記録したアクティビティはStrava(ストラバ)で一元管理しています。ぜひ、ラン友になりましょう!

アクティビティをチェック ▶︎

- Twitter -

ランニングに役立つユニークな情報をつぶやいています。フォロー・解除はお気軽にどうぞ!

ツイートをチェック ▶︎

ともらん人気記事

ともらん新着記事