吉川なまずの里マラソン遠征記:結果は1時間25分52秒(2019年/ハーフ)

2019年3月31日に埼玉県吉川市で開催された「吉川なまずの里マラソン」を走ってきた。種目はハーフマラソンの部。

アシックス メタライド

今回のレースで履いたランニングシューズは、アシックスの「メタライド(METARIDE)」。4:10/kmペースでも楽々走れる。

楽天スーパーセール開催中!ポイント最大43倍。12/11まで

書いた人:マラソンブロガー「とも」。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

この記事の目次

大会の魅力

「吉川なまずの里マラソン」の主な特徴は以下のとおり。

  • 毎年3月に埼玉県吉川市で開催
  • 種目はハーフ・10km・5km・3km・2km
  • 会場は吉川市の市民交流センター

最新の情報は公式サイトを確認しよう。

埼玉県吉川市で開催

吉川市は埼玉県の東部に位置する。最寄駅はJR武蔵野線の吉川駅。

なまずの里

吉川は「なまずの里」として知られる。以下はご当地キャラ「なま坊」と「なまりん」との記念写真。会場ではナマズ肉の料理も振る舞われる。

お花見ラン

タイミングが合えば満開の桜並木を眺めながらの「お花見ラン」が楽しめる。

遠征日程

今回は同じ埼玉県内の移動のため、レース当日に現地入りした。

最寄駅の吉川駅にはスタート1時間前に到着。会場までは歩いて30分ほどだが、体力を温存するために大会専用の無料シャトルバスで向かった。

スタートライン

「吉川なまずの里マラソン」の会場は、市民交流センター(通称:おあしす)にある。

吉川駅北口から500mのほどの場所にシャトルバス乗り場が設置されている。会場までの所要時間は5分ほど。

シャトルバスを降りてから会場までさらに500mほど歩く。

荷物の預入は無料。カウンターで名前とゼッケン番号を伝えると、引換券をナンバーカードにホチキスで留めてくれる。

スタートブロックは、自己申告制の目標タイム別に分かれていた。先頭が1時間10分以内。僕は1時間20分〜1時間30分のブロックに整列した。スタート時のタイムロスは4秒。

コース攻略

今回出走したハーフマラソンのコースの特徴は以下のとおり。

  • スタート・ゴールは市民交流センター
  • 主に住宅街の中を走るフラットコース

以下のコースマップは公式サイトより拝借。

最初の5kmは住宅街と県道を走る。最初の見どころは、1kmあたりにある桜並木。この日はちょうど満開で「お花見ラン」が楽しめた。

途中から県道に入る。といっても片道一車線の狭い道路で、走れるのは片側だけ。5km地点は結構混雑していた。

中間地点を越えると、田んぼ道を走る。時折、迷路のような路地に入り、アドベンチャー気分が味わえる。

14km地点で旭公園球場で折り返す。ここの桜もちょうど見頃だった。

ラスト1kmは、住宅街の大通りを一直線に駆け抜ける。ここからゴールまでの沿道の声援は素晴らしかった。

ゴール地点。

ゴールの後で

「吉川なまずの里マラソン」の完走タイムは、ネットで1時間25分52秒、グロスで1時間25分56秒だった。10km辺りが一番苦しく、18kmから楽になり、最後は気持ちよくフィニッシュできた。

本日の戦利品

「吉川まなずの里マラソン」でもらえるグッズは以下のとおり。

  • 参加記念Tシャツ(事前送付)
  • 記録証
  • アクエリアス

ご当地グルメ

大会名に「なまずの里」とあるので「もしかしたら、会場でなまずが食べれるかも!」と思っていたら、屋台で「なまずのたたき揚げ」なるものを見つけたました。というわけで、本日のご褒美グルメはこれ。

味の方は、正直デリシャスとは言い難いものだった。

関連情報

書いた人:マラソンブロガー「とも」。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

アシックス メタライド

今回のレースで履いたランニングシューズは、アシックスの「メタライド(METARIDE)」。4:10/kmペースでも楽々走れる。

楽天スーパーセール開催中!ポイント最大43倍。12/11まで